こんなときは出張見積りを

部屋

引っ越しや部屋の模様替えなどで、もう使わない家具が出てしまうことがあります。行政に任せて粗大ごみとして処分するには、面倒な手続きが必要だし料金もかかります。それに愛着のある高級な家具なら、捨ててしまわないでリサイクルしたいと考える方も多いでしょう。ものを大切にする文化が根付いている京都には、古い不要品を買取するリサイクルショップが数多くあります。捨てる前に一度業者から見積もりを取ってみれば、意外に高い値段がつくかもしれません。無論どんな家具でも売れるわけではなく、リセールバリューがあることは必須の条件と言えます。使い込んでヘタっているもの、傷や汚れの目立つ商品は、入荷しても売れないので買取することができません。また元々の購入価格が安いものや、組み立て式のものなどは、値段がつかないだけでなく処分費用を取られることもあるため、素直に粗大ごみとして処分したほうが得になる場合があります。反対に古くてもアンティークとして価値のあるもの、海外製や日本製のブランド品などは、需要があるので高額査定も不可能ではありません。とりわけブランド品は、それを専門に扱っているリサイクルショップであれば、通常より高く買い取ってもらえることがあります。ノーブランド品でも使用頻度が少なく、状態が良ければ買取可能なので、いろいろな業者に問い合わせてみると良いでしょう。

運ぶ手間は不要

部屋

粗大ごみを捨てるには指定された場所まで運ぶ必要があるため、女性や高齢者はもちろん、集合住宅の高層階に住んでいる人にとっても、大変な作業になることがあります。京都では家具買取業者のほとんどが出張査定サービスを実施しており、査定から家具の搬出まで業者に任せることができます。もちろん買取価格が気に入らないときは、無理に契約する必要はありません。自力で運ばなくてよいので、費用がかかっても業者に処分を依頼するという方もいます。

複数の業者から選ぶ

部屋

中古家具に目が利くかどうか、販路が広いかどうかは店によって異なるため、買取価格にもかなりの差が出てきます。京都には買取業者が多いので、少しでも高く売りたいなら、複数のリサイクルショップから見積りを取るという方法があります。それが面倒なときは、まずインターネットで大まかな買取相場を調べてみましょう。現在では電話やウェブサイトを利用して概算査定ができるため、出張見積りを受ける前に業者を絞り込むと便利です。

広告募集中